商品ページ

天才数学者ペレリマンが挑む 宇宙の形

地球の表面に住む住人はいったいどうすれば、その多様対(宇宙)のなかから宇宙の形を判断することができるのだろう? 数学者が、この問題に挑んだ壮大なドラマです。

発端は、18世紀の知の巨人アンリ・ポアンカレが世界の学者に向けて質問した、「ロケットにロープを結んで宇宙をひとまわり。その両端をひっぱり、すべて回収できたなら、宇宙はおおむね丸いと言える」というポアンカレ予想です。この問題に対し、数学者たちは次元を超えてまで挑戦。なかには病で倒れた学者もいます。著名な数学者だけで100以上がこの問題に挑み、挑戦を退けられました。

ある日、その回答がインターネットに流れていました。ロシアの数学オリンピックチャンピオンのぺリマン博士。証明は微分方程式で書かれたもので、プリンストンで行われた、証明の発表は誰も理解できないというすさまじい展開です。なぜなら、この幾何化予想はトポロジーの問題と捉えられおり、その分野の研究者ばかりが集っていたのです。いくつもの学問の世界を行ったりきたり、なかには時間を巻き戻すなど、まるで宇宙がこれまで形成されて進化した方法と同じような、展開をたどらなければ証明できなかった、、、。

 この本はAMAZON から出版されています。電子書籍で621円です。こちらからどうぞ。恐れ入ります。すごく長いurl で申し訳ありませんが、コピーペースト願います。

http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A9%E6%89%8D%E6%95%B0%E5%AD%A6%E8%80%85%E3%83%9A%E3%83%AC%E3%83%AA%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%81%8C%E6%8C%91%E3%82%80%E3%80%80%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%81%AE%E5%BD%A2-%E7%AC%AC%EF%BC%91%E5%B9%95-%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F%E3%81%AE%E5%A7%BF%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F-oriental-novels-ebook/dp/B00YNDZ0DC/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1433210314&sr=1-2&keywords=%E5%A4%A9%E6%89%8D%E6%95%B0%E5%AD%A6%E8%80%85%E3%80%80%E3%83%9A%E3%83%AC%E3%83%AA%E3%83%9E%E3%83%B3

¥621

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1

天才数学者ガウスと時間の商人たち  第4の次元 時間の正体を証明する

 数学者ガウスと通信社創生前のロイターはドイツの田舎街ゲッチンゲンで出会った。当時、ガウスは数学・物理学にまたがる天才として名をとどろかせていた。
 ガウスに近づいた若き青年ロイター。テレグラフ(電信)がパリを中心にベルリン、ロンドン、やがては海を超えてニューヨークと伸びて、世界の情報はわずか2時間で届くようになって行く。一国の存亡にかかわる戦況や綿花相場などが情報をもつ者とそれを得られない者をへだてる。
 いわば世界初の情報革命であった。巨大の渦は、やがてはアインシュタイン、オッペンハイマー、原爆へとつながって行く。研究者たちの業績が、縦につながり、そして、時間のなぞを追って行くドキュメンタリー。らせん状にかけあがってゆき整理された世界は、ドラマチックで、時間の正体に気付くと、儚く美しく、きらめく世界に目を奪われる。


第4の次元 時間はイリュージョン?
正体を解明 ガウス驚異の定理(ラテン語:Theorema Egregium)
 

 東京有楽町にあるフォリンプレスセンターに事務所をおくアーサーは「日本は情報を集めるのに不利だ」とこぼす。
「なにが?」と問いただすと、
「朝、9時にここに入っても、ロンドン、ニューヨークは寝ているし、香港、シンガポール、上海はこれから起きるからさ」。
「そんなこと?」。日本の閉鎖性でも言うのかと思っていたら、物理的な話だった。
ニューヨークに本社があるアーサーの新聞社との時間差は-13時間。つまり、編集長や同僚記者とする編集会議(電話)をしようとすると、夜の午後10時以降だ。
 だが、そこで決められたことは、一晩寝て翌朝からでないと取り掛かれない。それがストレスになるという。つまり、ネジを巻かれた軽い興奮状態のまま寝つけない夜を過ごさなければならないのが腹立たしいという。
 「通信社や証券会社だと、もっとストレスがあるかもしれない」。
通信社のロイターは、電信技術を世界でいち早くとり入れ、成功しその後、世界の新聞社に記事配信をするようになった。しかし、その最初は株価や相場の電信だった。事実だけをもっとも的確に短く伝えるのが特長だ。
ロイターのロゴは少し前までドットで社名を表していた。今では時代遅れだが、これは電信が吐き出す、紙のテープにドット(点)を打つ込んでアルファベットをわかるようにしたものだ。

この映像を見てほしい。世界が順番にたたき起こされてゆく様が宇宙からながめられる。
https://www.youtube.com/watch?v=EPyl1LgNtoQ
  そのころ、わたしはピューリッツァーとロイターという2冊の本を交互に読んでいた。それにときどきバビロニアの古代文字解読書も。
 このなかでずば抜けた感覚的をもったユダヤ人ロイターに特別の嗅覚があることに気づいたのだ。

AMAZON でデジタル書籍で発売中。こちらからどうぞ。

http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A9%E6%89%8D%E6%95%B0%E5%AD%A6%E8%80%85%E3%82%AC%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%81%A8%E6%99%82%E9%96%93%E3%81%AE%E5%95%86%E4%BA%BA%E3%81%9F%E3%81%A1-%E6%99%82%E9%96%93%E3%81%AE%E6%AD%A3%E4%BD%93%E3%81%AB%E8%BF%AB%E3%82%8B-Evan-Hiroyuki-Shintani-ebook/dp/B010NAAYNO/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1435895103&sr=1-1&keywords=%E5%A4%A9%E6%89%8D%E6%95%B0%E5%AD%A6%E8%80%85%E3%82%AC%E3%82%A6%E3%82%B9

¥495

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1

商品名3


これはサンプルテキストです。

商品説明を入れてください。

¥2,000

  • 在庫切れ